柔道家のための総合情報サイト ejudo

柔道家のための総合情報サイト ejudo
柔道家試合 柔道家のための総合情報サイト ejudo


mailto:bob@twoj.org

ナビゲーション

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国際柔道連盟(IJF)試合審判規定の禁止事項(反則)の累積


現行IJF規定では軽微な反則は「指導」、重大な反則は「反則負け」とし、「注意」、「警告」という反則はない。
*IJF規定の反則の詳細については、「講道館・IJF反則の比較」をご参照ください。
「指導」は累積され、相手のポイントとなる。


00
相当する技の効果
「指導」一回目
効果
「指導」二回目
有効
「指導」三回目
技あり
「指導」四回目
一本


*例えば、現在「指導」を一回受けている試合者が更に「指導」を受けると「指導」二回目となり相手に「有効」ポイントが入り、相手に入っていた「効果」ポイントは取り消される。

参考資料:
「詳解 柔道のルールと審判法 [2004年度版]」(大修館)
「国際柔道連盟試合審判規定 2003年度4月14日施行(2003年IJF理事会決定)」(全日本柔道連盟)
各種公認審判講習会資料
supported by KAYAC 運営者サイトポリシーcopyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.