【レポート】居並ぶ強豪「一本」で撫で斬り、村尾三四郎が出色の試合ぶりで頂点/グランドスラム東京2023・男子90kg級

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【レポート】居並ぶ強豪「一本」で撫で斬り、村尾三四郎が出色の試合ぶりで頂点/グランドスラム東京2023・男子90kg級

取材・文:古田英毅・eJudo編集部
写真:乾晋也・小美紀太郎・辺見真也・IJF

【ベスト4決定まで】

初戦の畳に向かう村尾三四郎。7月に左膝の靭帯を損傷、これが5月の世界選手権以来の実戦。

トーナメントは世界選手権と比べても遜色のない豪華さ。当初エントリーしていた東京五輪金メダリストのラシャ・ベカウリ(ジョージア)こそ大会直前にキャンセルしたが、現役世界王者のルカ・マイスラゼ(ジョージア)と昨年の世界王者ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)、ミハイル・イゴルニコフ(中立選手団)、そして村尾三四郎(JESグループ)とパリ五輪の金メダル候補4人が揃い踏み。2019年の世界王者ノエル・ファンテンド(オランダ)やエドゥアルド・トリッペル(ドイツ)ら脇を固めるトップランカーたちの陣容も、挙げ切れないほどに分厚い。今大会の最激戦階級である。

村尾抜群の勝ち上がり、大一番のイゴルニコフ戦も豪快「一本」

まず各プールの勝ち上がりを簡単に追いかけてみたい。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り8,126文字 / 全8,571文字】

スポンサーリンク