【速報レポート】ウルフ完全復活、五輪に視界開ける圧勝V/グランドスラム・カザフスタン2024 男子100kg級

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【速報レポート】ウルフ完全復活、五輪に視界開ける圧勝V/グランドスラム・カザフスタン2024 男子100kg級

会場:ザクシリク・ウシュケンピロフ マーシャルアーツパレス/カザフスタン・アスタナ
(Zhaksylyk Ushkempirov Martial Arts Palace)
文責:古田英毅・eJudo編集部

2回戦、フランシス・ダミエから左内股でまず「技あり」

本番前最後の実戦に臨んだ日本のパリ五輪代表・ウルフアロン(パーク24)が素晴らしい内容で優勝を飾った。

初戦(1回戦)は先手攻撃志向の相四つゲオルゲ・ウドシラウリ(ドイツ)を手堅い組み手と技の連動で追い詰め、中盤に左大内刈をねじ込んで「技有」。もはや特攻しか道のなくなった相手の捨身技を待ち構えて潰すと素早く上体にアプローチ、横四方固に抑え込んで4分0秒合技「一本」。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り3,150文字 / 全3,476文字】

スポンサーリンク