【ニュース】市立習志野が優勝、緩みない柔道で他を寄せ付けず/第70回関東高等学校柔道大会男子団体試合

注目の記事/記事
  1. ホーム
  2. 注目の記事
  3. 【ニュース】市立習志野が優勝、緩みない柔道で他を寄せ付けず/第70回関東高等学校柔道大会男子団体試合
優勝した市立習志野高

取材:古田英毅  Photo: Henmi Masaya

第70回関東高校柔道大会が4日、成田市中台運動公園体育館(成田市)で開幕。初日は5人制(先鋒から中堅まで73kg以下、副将と大将無差別)の男子団体戦の競技が行われ、市立習志野高(千葉)が優勝した。同校の優勝は第24回大会以来46年ぶり5度目。

千葉県予選で昨年のインターハイ王者・木更津総合高を破って優勝している市立習志野は第1シード配置。初戦(2回戦)で日大高(神奈川)を4-0、3回戦で前橋育英高(群馬)を5-0で下すと、4回戦からは選手を入れ替えて先鋒から黒川龍磨、近藤耀聖、鎌倉啓太郎、伊澤直乙斗、菊地鷹のベストオーダーで布陣。この試合は作新学院高(栃木)を3-1で下し、最初の関門と目された準々決勝は修徳高(東京)に3-0の完勝。準決勝は日体大荏原高(東京)を相手にポイントゲッターがしっかり仕事。先鋒黒川の裏投「技有」、中堅鎌倉の腕挫脚固「一本」、副将伊澤の僅差優勢による勝利でこの試合も3-0と圧勝で勝ち抜ける。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り4,792文字 / 全5,259文字】

スポンサーリンク