【GS東京みどころ】女子78kg級 横一線のままで迎える最終局、濵田・髙山・梅木がパリ五輪代表争う/グランドスラム東京2023

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【GS東京みどころ】女子78kg級 横一線のままで迎える最終局、濵田・髙山・梅木がパリ五輪代表争う/グランドスラム東京2023

日本代表選手:濵田尚里(自衛隊体育学校)、高山莉加(三井住友海上)、梅木真美(ALSOK)、杉村美寿希(東海大2年)

濵田尚里。過去の実績では頭1つ抜けるが、東京五輪後はこれという成績は残せず。

今大会終了後に、パリ五輪日本代表の内定が打たれることが濃厚だ。もっかは対象者3名が「三つ巴」。先のまったく読めない状態でこの大一番を迎えることになった。

東京五輪で金メダル獲得の濵田尚里は、以降2度の世界選手権も「一人代表」を務めて他選手に実績を積ませる隙を与えなかった。しかし結果はいずれも5位で、この間はワールドツアーの優勝も出来ず(※グランドスラムで2位2回)。結果、2年間ワールドツアーで地道に実績を積んできた高山莉加と梅木真美の追走を許すこととなってしまった。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り1,133文字 / 全1,480文字】

スポンサーリンク