【速報レポート】クリストとピナの新星2人がGS初タイトル、青野南美は2大会連続の銅メダル獲得/グランドスラム・カザフスタン2024 第2日女子(63kg級、70kg級)

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【速報レポート】クリストとピナの新星2人がGS初タイトル、青野南美は2大会連続の銅メダル獲得/グランドスラム・カザフスタン2024 第2日女子(63kg級、70kg級)

日時:2024(R6)年5月10日(金)~12日(日)
会場:ザクシリク・ウシュケンピロフ マーシャルアーツパレス/カザフスタン・アスタナ
(Zhaksylyk Ushkempirov Martial Arts Palace)
文責:古田英毅・eJudo編集部

70kg級を制したタイス・ピナ

グランドスラム・カザフスタン、第2日の11日は男女それぞれ2階級ずつが行われ、女子はいずれもこの春のツアーで存在感を上げた新星が優勝。63kg級はカタリナ・クリスト(クロアチア)、70kg級はタイス・ピナ(ポルトガル)が制した。

22歳のクリストは2023年グランプリ・ドゥシャンベに続くワールドツアー大会2度目、グランドスラム大会では初めての優勝。19歳のピナはこれが初めてのワールドツアー大会制覇だった。

日本選手は63kg級の青野南美(福岡県警察)が3位入賞。国際大会デビュー戦だった3月のグランプリ・アッパーオーストリアに続き、2大会連続でメダルを獲得した。

63kg級 クリスト「一本」連発で優勝飾る

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り4,497文字 / 全4,966文字】

スポンサーリンク