【速報レポート】ロンバルド圧勝、81kg級はボルタボエフが3年ぶりのGSタイトル/グランドスラム・カザフスタン2024 第2日男子(73kg級、81kg級)

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【速報レポート】ロンバルド圧勝、81kg級はボルタボエフが3年ぶりのGSタイトル/グランドスラム・カザフスタン2024 第2日男子(73kg級、81kg級)

日時:2024(R6)年5月10日(金)~12日(日)
会場:ザクシリク・ウシュケンピロフ マーシャルアーツパレス/カザフスタン・アスタナ
(Zhaksylyk Ushkempirov Martial Arts Palace)
文責:古田英毅・eJudo編集部

73kg級を制したマヌエル・ロンバルド

グランドスラム・カザフスタン、第2日の11日は男女それぞれ2階級ずつが行われ、男子73kg級はマヌエル・ロンバルド(イタリア)、81kg級はシャロフィディン・ボルタボエフ(ウズベキスタン)がそれぞれ優勝を飾った。

ロンバルドは3月のグランドスラム・タシケントに続くワールドツアー大会2連勝。ボルタボエフは2021年2月のグランドスラム・タシケント以来3年3か月ぶりのワールドツアー大会制覇となった。

日本からはいわゆる「所属派遣」で藤原崇太郎(旭化成)がエントリー。準決勝でボルタボエフに敗れたが3位に入賞し、負傷からの復帰戦を銅メダルで飾った。

73kg級 ロンバルド圧勝、五輪に向けて視界良好

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り5,537文字 / 全6,003文字】

スポンサーリンク