【レポート】IH連覇者木原慧登、貪欲な攻めでジュニアカテゴリも制す/全日本ジュニア柔道体重別選手権・男子73kg級

注目の記事/記事
  1. ホーム
  2. 注目の記事
  3. 【レポート】IH連覇者木原慧登、貪欲な攻めでジュニアカテゴリも制す/全日本ジュニア柔道体重別選手権・男子73kg級

取材・文:古田英毅・eJudo編集部
写真:乾晋也・辺見真也

【準決勝まで】

木原、貪欲な攻めで決勝へ

準決勝、木原慧登が小田桐美生を大外刈で攻める

第1シード配置のインターハイ2連覇者、関東ジュニアも全試合一本勝ちで優勝している木原慧登(東海大相模高2年)が、徹底マークを振り切って決勝に進んだ。勝ち上がりはすべて「指導3」。ただし、組み手と先手攻撃で反則を掠め取ったのではなく、あくまで投げを狙い、大技を仕掛け、相手が必死で耐えたその帰結としての勝利である。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り4,882文字 / 全5,129文字】

スポンサーリンク