【レポート】伊澤直乙斗が全試合一本勝ち、インターハイに続く優勝飾る/全日本ジュニア柔道体重別選手権2022・男子81kg級

注目の記事/記事
  1. ホーム
  2. 注目の記事
  3. 【レポート】伊澤直乙斗が全試合一本勝ち、インターハイに続く優勝飾る/全日本ジュニア柔道体重別選手権2022・男子81kg級

取材・文:古田英毅・eJudo編集部
写真:乾晋也・辺見真也

【準決勝まで】

伊澤、全試合一本勝ちで決勝へ

準決勝、伊澤直乙斗が菅谷佑大から肩車「技有」

8月のインターハイを素晴らしい強さで制した伊澤直乙斗(習志野高3年)がしっかり決勝に進出。この日はどちらかというとスローペース、夏の高校柔道で見せたような「飛び掛かって一発投げる」というような試合ぶりではなかったが、落ち着いて、しかし確実に相手を仕留め続けた。

伊澤は第1シード配置。2回戦は奥田泰地(崇徳高2年)を3分16秒浮技と横四方固の合技「一本」、準々決勝は松田基裕(福岡大1年)を2分57秒大腰と隅落の合技「一本」で破って4強入り。準決勝は菅谷佑大(愛知大1年)を58秒、肩車と崩袈裟固の合技「一本」。全試合一本勝ちで決勝進出を決めた。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り2,777文字 / 全3,142文字】

スポンサーリンク