【レポート】「装備」の確かさで他を凌駕、瀨川麻優が初優勝飾る/第39回皇后盃全日本女子柔道選手権大会

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【レポート】「装備」の確かさで他を凌駕、瀨川麻優が初優勝飾る/第39回皇后盃全日本女子柔道選手権大会

取材・文:古田英毅
写真:乾晋也・辺見真也

初優勝の瀨川麻優

体重無差別で今年の女子柔道日本一を争う第39回皇后盃全日本女子柔道選手権大会が21日、横浜武道館で行われ、瀨川麻優(東京・ALSOK)が優勝した。瀨川は出場6度目、昨年3月に結婚して姓を変えてからは2度目の出場で、これが初優勝。決勝は児玉ひかる(推薦・SBC湘南美容クリニック)を破った。

瀨川は2021年6月のハンガリー世界選手権団体戦出場後、膝の靭帯損傷と病気で1年近く欠場。一時は引退も考えたが、早稲田大柔道部出の夫・勇気さんの献身的なサポートで翻意。コーチ役を務める勇気さんのアドバイスもあって少しづつ成績を上げ、ついに悲願の女子柔道日本一を達成した。優勝者インタビューでは「勇気、優勝したよ!本当にありがとう。愛してるよ!」と感謝の言葉を叫び、観衆の喝采を浴びていた。

大会レポートは下記。

【準決勝まで】

連覇狙う梅木、初戦で姿消す

2回戦、梅津志悠が梅木真美から右出足払「有効」
有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り3,763文字 / 全4,211文字】

スポンサーリンク