【プレビュー】絶対のV候補不在の混戦、藤原崇太郎の復帰に注目/グランドスラム・カザフスタン2024 男子81kg級

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【プレビュー】絶対のV候補不在の混戦、藤原崇太郎の復帰に注目/グランドスラム・カザフスタン2024 男子81kg級
藤原崇太郎。写真は2022年12月、グランドスラム東京時。

(エントリー42名)

世界選手権で頂点を争うような超強豪たちは不在。Aシードの顔ぶれはサギ・ムキ(イスラエル)、アビライハン・ジューバナザル(カザフスタン)、ジョアオ・フェルナンド(ポルトガル)、ウングヴァリ・アッティラ(ハンガリー)世界大会ベスト8クラスで占められた。「上位層」との境界線に位置する選手が主役のトーナメントだ。とはいえシャロフィディン・ボルタボエフ(ウズベキスタン)、オマル・ラジャブリ(アゼルバイジャン)、ミハイロ・スヴィドラク(ウクライナ)ら力のある選手も多く参加、そして2018年ドーハ世界選手権2位の藤原崇太郎(旭化成)がエントリー。平均値は高く、見どころには困らない陣容となっている。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り938文字 / 全1,285文字】

スポンサーリンク