【プレビュー】藤阪が2回戦で好調ガルシア=トルネと激突、永山は準々決勝でジョンとのリベンジマッチ組まれる/グランドスラム・ウランバートル2023第1日男子(60kg級、66kg級)

記事
  1. ホーム
  2. 記事
  3. 【プレビュー】藤阪が2回戦で好調ガルシア=トルネと激突、永山は準々決勝でジョンとのリベンジマッチ組まれる/グランドスラム・ウランバートル2023第1日男子(60kg級、66kg級)

60kg級・ヤン筆頭に強豪居並ぶ、永山竜樹は準々決勝のジョン戦が最大の山場

第1シードはヤン・ユンウェイ

(エントリー24名)

東京五輪銀メダリストのヤン・ユンウェイ(台湾)、2022年タシケント世界選手権銀メダリストのエンフタイワン・アリウンボルド(モンゴル)、世界選手権銅メダル2個の永山竜樹(SBC湘南美容クリニック)、今年のドーハ世界選手権銅メダリストのイ・ハリン(韓国)と世界大会のメダリストが4人参戦。ここにジョン・スンビョン(韓国)、ラマザン・アブドゥラエフ(中立選手団)、ヌルカナト・セリクバエフ(カザフスタン)、ホマン・ヴァラディエ=ピカール(フランス)らワールドツアー上位常連の強豪が加わり、ハイレベルなトーナメントが組まれた。

有料会員記事(無料会員の方も月3本までお読み頂けます)
【残り2,388文字 / 全2,722文字】

スポンサーリンク